資金調達の方法として、いまや世界中で注目されているのがクラウドファンディングです。個人はもちろん、企業でも利用するところが増えており、誰もが発信側、そして支援する側になれる点でも注目されています。聞いたことはあるけれど、どんなものなのか詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか。また、クラウドファンディングは資産運用の方法の一つとしても注目されています。そこで知っておきたいクラウドファンディングの内容と、資産運用で利用する際のメリットやデメリットを詳しくご紹介します。

クラウドファンディングとは多くの人の支援や協力を募るもの

クラウドファンディングは群衆と資金調達を組み合わせた造語で、2000年代にアメリカでサービスが始まりました。日本では2011年にサービスが提供されるようになり注目が集まるようになりましたが、インターネットのなかった昔でもこういった資金調達の方法はありました。ヨーロッパでの書籍を販売しての資金調達や日本での寺社の修繕費用を集める勧進がこれに当てはまります。2011年に発生した東日本大震災への寄付をする手段としても注目され、現在は多くのサービスサイトが立ち上げられています。サイトにより様々な分類がありますが、大きく分けて3つの種類が存在します。

寄付型

金銭的なリターンがないものを寄付型と呼びます。実行者は公益的な活動を行っている団体であることが前提で、集めた支援は「寄付金」となります。支援した人は税制優遇を受けることができるメリットがあります。

購入型

個人や企業などが発信したプロジェクトを支援するものです。発信側は資金調達を目的としています。支援することで、支援者は新商品を購入する権利やサービスを受ける権利が受け取れます。自費出版や研究開発、コンサートやイベントの開催など幅広い分野で利用されています。

投資型

金融型とも呼ばれます。発信側のプロジェクトに投資や融資をして支援します。支援者は株式や利息、配当を得ることができます。投資型には融資や貸付、ファンドや株式があります。

クラウドファンディング投資とは?

クラウドファンディングを利用した投資は、運営事業者のプラットフォームから案件を選んで投資をする方法です。新規事業を行いたい会社や、規模の小さな企業の資金調達を応援し、分配金や株式といった見返りがあります。今までの資金調達の方法は、金融機関の借入や資産家からの資金提供といったものが主流でしたが、クラウドファンディングによって多くの支援者を募ることができ、支援者の数によっては今まで難しかった金額を集めることができるようになってきています。また支援する側にも以下のようなメリットがあります。

誰でも始めやすい投資方法

クラウドファンディング投資のメリットは、少額でも投資が可能であることです。一般的に資産投資では手数料がかかりますが、クラウドファンディングの場合は手数料が比較的安く、投資金額も1万円前後からのことがほとんどです。また利回りが高く、株式投資や投資信託よりもリターンが見込めます。また投資先を決めて投資するだけなので、手間がかからない点もメリットです。

手軽だがリスクもあることに注意

クラウドファンディング投資は期待利回りが10%という高利回りもありますが、事業者のプロジェクトが成功しなければ貸し倒れとなります。その場合投資した資金は戻ってこないこともあります。成功した場合だけでなく、返済が遅れたり貸し倒れたりした場合にはどういった対応になるのかもしっかりと確認し、投資しても問題ないかをきちんと事前に調べることも必要です。またクラウドファンディングのプラットフォームも、信頼できる事業者が運営しているかどうかを確認し、利回りや手数料に振り回されないようにしましょう。