貯金をしても、低金利の今はそれほど利子が期待できない時代が続いています。さらにただ口座にお金を入れていてほとんど利子がつかないにも関わらず、その利子は税金が引かれているということをご存じない方も多いのではないでしょうか。また投資をする場合でも、利益には税金がかかります。そう考えると投資を始めるのも考えてしまいます。なんとなく貯金はしているけれど、投資も考えておきたい、そんな投資初心者にこそお勧めしたいのが、税金が免除されるつみたてNISAです。そこでつみたてNISAとはどんな投資方法なのか、投資で注意したいことなどを詳しくご紹介します。

税金を引かれることなく投資ができるつみたてNISA

2018年にスタートした積立投資がつみたてNISAです。従来のNISA(今は一般NISAと呼ばれている)と同じく、投資で得た利益は非課税で受け取ることができる制度となっています。名称が似ているので混乱してしまうかもしれませんが、つみたてNISAと一般NISAには以下のような違いがあります。

つみたてNISA

投資上限額が40万円ですが、20年非課税投資期間があるので長期にわたって投資をしたい人におすすめです。投資対象が金融庁が定めた基準をクリアした投資信託のみとなっており、定期拠出が前提となっているなど制限に注意が必要です。なお、つみたてNISAと一般NISAは併用はできません。

一般NISA

投資上限が120万円と大きいのが特徴です(2024年から上限額は122万円に変更予定)。非課税投資期間が5年と短いですが、ロールオーバー(新たな一般NISA口座へ移管すること)が可能なので、また非課税枠を利用することができます。ただし新規に投資ができる金額は少なくなることに注意が必要です。色々な商品が選べる点では一般NISAはおすすめですが、投資の経験が豊富な人向けの制度といえます。

つみたてNISAが投資初心者におすすめな理由

非課税という大きなメリットはもちろん、つみたてNISAが投資初心者におすすめな理由は他にもあります。詳しく見ていきましょう。

理由1.投資対象が積立投資のみ

投資初心者がいきなり銘柄を選ぶのはハードルが高いですが、つみたてNISAなら金融庁によるお墨付きがある投資信託だけが対象なので知識がそれほどなくても始められます。もちろん運用方針を確認して、購入することは必要ですが、長期の積立に向いている商品が揃っているのでそれほど悩まなくても大丈夫です。

理由2.運用コストが低い

投資信託の運用には手数料がかかるため、実際に利益を得ても運用コストで目減りしてしまうことがあります。一方つみたてNISAでは、販売手数料がかからない商品や、信託報酬が低い商品が対象となっているため、運用コストを抑えられます。

理由3.少額で運用が可能

つみたてNISAは少額から投資が可能なため、投資にまとまったお金が必要ありません。少額から始めて、慣れてきたら投資のお金を増やしていくといったことが可能です。

つみたてNISAを運用するにあたって注意したいこと

長期の投資におすすめのつみたてNISAですが、以下のことに注意が必要です。

非課税投資枠は繰り越しができない

一般NISAと違い、つみたてNISAは非課税投資枠が余っても翌年に繰り越すことができません。非課税枠を活用するためにも、計画を立てて投資をすることが必要です。

スポット購入はできない

つみたてNISAでは積立投資のみとなっており、一括投資のスポット購入ができません。積立投資は価格が安いときに多く、高いときに少なく購入ができるため、平均的に買い付けの価格は安くできるメリットがあります。ただ、好きなタイミングでのスポット購入の方が利益が大きくなることもあります。

口座は一つの金融機関にしか作れない

様々な金融機関でつみたてNISAの商品が用意されていますが、口座は一つしか作ることができません。また変更はできますが、積立のタイミングで切り替えがすぐにできないことも多いので、違いをしっかり確認して判断することが求められます。