投資は様々な種類がありますが、一般的にはリスクが高いものが多くあります。そのため、元本割れなどがあることを前提として考え、リスクを分散させる対策が必要です。また、リスクの低い投資を選ぶという方法もあります。そんな投資の中でも、リスクが低いことから注目されているのが債券投資です。今回は債券投資の中でも人気の高い、社債投資について詳しくご紹介します。

社債投資とは?

投資家から資金を集める目的で、国や地方公共団体、企業が発行するのが債券です。債券には大きく分けて公共債と民間債があり、公共債には国債、政府関係機関債、地方債、民間債には社債があります。社債は民間の企業が発行するものです。公共債は短期から長期まで幅広い種類がありますが、社債は企業が年限や利率を決めています。どの債券も返済の義務があるため、投資をする側からすると元本が保証されている点でリスクが低く、また確実に返済されるという点でも魅力のある投資です。ただし、企業の場合は倒産のリスクもあるため、公共債に比べると社債にはリスクがあるともいえます。

株式と社債の違いは?

企業が資金を集める目的で発行するものには、株式もあります。株式投資は企業に出資することで、株主優待といった特殊なリターンがあることが魅力です。ただし、株式投資の場合は出資された企業に投資されたお金を返済する義務はありません。そのため企業の業績が悪化した場合には購入した株券の価値が下がってしまうこともあります。株券には元本の保証がありませんので、そういったリスクもあります。一方、社債の場合はあくまでも出資する側は企業に資金を貸し出すため、企業側は必ず返済しなければなりません。もちろん出資した企業が倒産した場合には社債は価値がなくなってしまうのでリスクは全くないわけではありませんが、社債を持っていることで決まった期日までは利息を受け取ることができます。そのため、保有する期限内に得られる利息がリターンとなります。株式は株価が上がれば価値が上がり、リターンも増えます。リスクはありますが価値が上がればそれだけ得られる利益も増えるため、社債に比べると長く所有できることに加えて大きく利益を得られる可能性があるという違いがあります。

社債投資をすることのメリット

国債に比べると社債にはリスクはありますが、以下のようなメリットがあります。

安定したリターンが得られる

社債は購入した際に、いつ返済されるかという償還日が明記されています。企業によって違いはありますが、5年から7年後になっているのが一般的です。さらにすでに金利が決まっているため、購入後に金利が下がったとしても影響を受けることなく、1年に1~2回利息が受け取れます。そのため利益を受け取る日が分かっていることも大きなメリットです。さらに利率は高めに設定されており、年0.1~2.0%と銀行などに預けるよりもお得です。信用度の高い企業であれば利率も高くなります。

リスクが低い

社債は元本が保証されていることに加え、価格変動の影響も受けないので投資が初めての人でも安心できる商品となっています。

時価売却もできる

基本的には満期まで所有しておくことで確実に投資した分が戻ってきますが、流通市場で満期になる前に売却することも可能です。社債の価格が高くなれば利益を得ることができますが、逆に損をすることもあるため注意が必要となります。

社債投資のリスク

他の投資に比べてリスクが低い社債ですが、発行している企業が倒産したり債務が返済できなくなったりした場合には、元本や利息が受け取れなくなることもあります。社債を購入する際には、企業についての情報をしっかり確認しておくことも大切です。