投資でよく聞くことが多いのが株式投資です。ですが「株を買うには多くの資金が必要」「敷居が高い」「難しそう」というイメージもあります。ただ、株式投資は利益を得るためだけでなく、企業を支える投資でもあり、株主ならではの特典もあるのが特徴です。そこで株式投資を考えている方、興味はあるけれど仕組みがよく分からない方のために、どういった投資方法なのかを詳しくご紹介します。

株式投資とは会社の株式を購入する投資方法

株式とは、企業が事業を行うために必要となる資金を集めるために発行するものです。株式を購入した人は「株主」と呼ばれ、発行した会社の出資者となります。出資することにより、株主総会に出席し、議決する権利が得られたり、配当金や優待を受けられたりする権利が得られます。企業は集めた株式の資金を使って事業を拡大し売上や実績を挙げ、それにより株式の価値が上がります。企業の信頼や実績が上がることで、株式の価値が上がり、その値上がり値が株主に還元されるのが株式投資の仕組みです。

株式投資によるリターン

株式投資には、他の投資にはない魅力があります。

株を売却してリターンが得られる

他の投資でもありますが、株式投資は株式を安く購入し、高く売却したことで得られる値上がり分が利益となります。

株式ならではの配当金が得られる

会社が事業を行って得た利益を配分するのが配当金です。企業の業績が反映されるため、業績が悪化したり不調だったりした場合には逆に減ってしまうこともあります。

株主優待が受けられる

株式投資の大きな特典として、株主優待があります。企業ごとに優待は異なり、優待を目的として株式投資をする人も増えています。全ての企業が実施しているわけではありませんが、金券やギフトカード、チケットなどのほか、企業の製品がもらえることもあります。

株式は変動することが多い?始める前に知っておきたい変動要因

株式は様々な要因で変動するため、投資が難しいと感じてしまうかもしれません。株式の価格が変動する要因を知っておくことで、株をどのタイミングで売買すればいいのかが分かります。変動する要因としては以下の4つがあります。

1.経済的な要因

金利や為替の動向により景気が今どんな状況にあるのかによって株価は変動します。

2.社会的な要因

日本だけでなく海外で起きた戦争や災害、社会情勢も様々な企業に影響を及ぼします。

3.株式市場に関わる要因

投資家が株を売買している理由を知ることも必要です。企業同士のやり取りや新事業の発表などが株価に影響をもたらします。

4.企業ごとの個別要因

企業の新商品発表や今後の将来性なども株価に影響します。

株式投資を始める前に知っておきたいリスク

株式投資は、企業を支える投資でもありますが、他の投資方法に比べるとリスクが高い投資方法です。株価は常に変動しているため、期待して購入した株が大きく値下がりして損失を出すこともありますし、会社自体が破綻してしまうと株式は価値がなくなっていまいます。また最近では外国株式も人気ですが、為替レートに左右されるため、換金時に損失が発生する可能性もあります。そのため、短期で大きく儲けるのは難しい投資方法といえます。

どうすればいい?株式投資の始め方

株式投資を始めるには、まず証券会社に口座を開く必要があります。開設までには時間がかかることもあるため、始めたいと考えたらすぐに申し込みをするといいでしょう。口座を開設したら入金し、株を購入します。ただ、株式投資の際、購入できる株は100株からといった指定があることが多く、準備資金もある程度必要になります。そこまで出資はできないという場合には、ネット証券を利用する方法もあります。株主優待の対象にはなりませんが、1株から始めることができるため、初心者にはおすすめです。ただし、株式投資には知識に加え経験も必要です。リスクを知りしっかり稼ぐためにも、まずは株式投資についてしっかり学ぶことを優先するようにしましょう。