手元にあるお金を少しでも増やしたい、そう考えた場合にすぐできるのが投資です。ただ、貯金よりも大きく増えるメリットがある反面、手持ちの資金で大丈夫なのか分からない、リスクが心配でチャレンジできないという方も多くいます。ですが投資は株式や仮想通貨といったものだけでなく、様々なものがあります。また元手が少なくても始められるものも増えてきていますので、まずはどういった投資方法があるのか詳しく見ていきましょう。

投資について知っておきたいこと

低金利が続き、貯金にほとんど利息がつかないという現状のなか、投資に注目が集まっています。投資の方法も様々なものがありますが、「どれがおすすめなのか分からない」と悩む人は少なくありません。実は投資は「絶対に増える」という万能なものはありません。リスクも様々ですし、大きく増やすことができるものもあれば、時間をかければそれなりに増えるものもあります。どういった投資を始めるのかを考える前に、まずは「投資をしてどうしたいのか」「自分で納得できるリスクはどの程度なのか」を把握しておく必要があります。

投資の目的とリスクについて

投資には「短期間で増やすことが可能なもの」と「ある程度時間が必要となるもの」があります。短期間で増える可能性のある商品は、損をするリスクも高くなります。逆に時間が必要な商品の場合は、すぐに解約できなかったり途中で止めてしまうと投資した分も減ってしまったりする可能性があります。そのためどれぐらいの期間投資をして、どれぐらいの金額を得たいのかを考えた上で投資対象を選ぶ必要があります。また投資をして必ずお金が増えるわけではないので、失敗した場合にどこまでそれを受け入れられるか、また財産に影響がない範囲で投資をすることも考えておく必要があります。

投資のリスクから見る投資の種類

投資については、リスクやリターンによって3段階に分けられます。まずはその段階ごとにどのような投資の種類があるか見ていきましょう。

ローリスクローリターンの投資

リスクが少ないですが、それほど大きな収益(リターン)もない投資です。銀行への預金のほか、外貨預金や金投資などがあります。外貨預金は円安で利益が得られる仕組みですが、手続きに為替手数料が必要になります。ただし手持ち資金以上に損をする取引ができない仕組みです。

ミドルリスクミドルリターンの投資

全くリスクがないわけではありませんが、知識があり上手く運用ができればその分の見返りはある程度得られる投資方法です。株式や投資信託、外貨MMFや不動産投資などがあります。投資をする際に一番心配な点として、「元本が減る」可能性があることが挙げられます。ただ、元本保証のある投資はリターンが少ないのがデメリットです。かといってハイリスクな投資をした場合は、投資したお金がマイナスになることもありえます。投資についてまだ詳しくない初心者の場合は、ミドルリスクミドルリターンの投資から始めるのがおすすめです。株式会社ジートレンドでは、投資を考えている方向けのセミナーを行っていますので、まずは投資についての知識を得ることから始めましょう。

ハイリスクハイリターンの投資

投資したお金がなくなってしまうリスクもありますが、成功した場合は大きな利益が得られる投資です。先物取引やFX(通貨の価値の変化によって発生する差益を狙って行う取引)、仮想通貨などが当てはまります。FXは少額から投資が可能なため、人気がある投資方法ですが運用資金が0になることも珍しくありません。そのため、情報や知識をきちんと収集し学んでおくことが必要となります。